デスラー襲撃(組曲版) Ver.0.94a
2004.06.14.Mon

どうしても納得いかないので大幅に改造したいのですが、
時間が取れません。
Contra Bass ばかりに気を取られていて
他のパートの不味さに気が回らなかったのですが、
久々に耳コピ元と聴き比べてみると
至るところ「おぇ~」といった不味さが目立ってきました。
音楽の耳がある人なら初めからこんな駄作は投稿しないのだろうけど、
そこが私の耳の限界。いつも贔屓目に見て投稿してしまいます。

それにしても聴きかえせば聴きかえすほど、
Contra Bassの音採りに自信がなくなってきました。
以前、始めの3小節だけContra Bassは音が違っていると書いたのですが、
どうもそうではないように思えてきました。
というより「色味」の少ないContra Bassの音なので
もともと音程が採りにくいのですが、
他の小節と同じ音を弾いていても色味の少なさのせいで、
違って聴こえているだけなのではと思えてきたのです。
そこで今回、始めの3小節も素直に同じ音に変更しました。
さらに、「ダダダダッ」の部分(分かりますか?)別の音を重ねました。
こちらの方が耳コピ元に近くなったように思うのですが、いかがでしょうか。

Contra Bassについては現在 Hop Head + Cello Ens. + Hard Bow の3trackで
insertion effectとして3band Eq.を Low:大 Mid:小 Hi:大 としてかけています。
やはり Mid を薄くすると色味が消せるようです。
Hi が大なのは硬さを出したいから。

耳コピ元の Bass は
「色味が少なくしかし低音が効いてホールに響き渡りつつカチッとした弦の音」。
今回作った音はまだ中途半端ですが、少し方向性が見えてきたように思います。
ただ、mp3まで変換後の音を改めて聴くと、
Hop Headの Mid がまだ生き残っていてイメージするものと違ってました。

その他、Timpanyはboost6をかけて少し強調。
また改めてよく耳コピ元を聴くと、
かなり高音Stringsたちも色味が薄いことが分かってきたので、
Viola など早速色味を下げてみました。
また、ベタッとした弾き方になっていた
早いパッセージのStringsの切れを良くしました。

これらの作業は、
夏に時間が取れたときに行おうと思っている「映画版/襲撃」の
前準備のつもりもあるのです。