デスラー襲撃(組曲版) Ver.0.95a
2004.07.30.Fri

「これでどうだ!ContraBass実験編」です。
以前から頭担当のtrackとreverb担当のtrackを用意して重ねたら
輪郭がありつつ空間に響きわたるContraBassができるのでは
と考えていました。
今回のver.ではContraBass 4track、全16trackなので1/4使ってます。
それでも駄目だったんですが、
今回やけで思いっきりreverbをかけたところ、
思ったより良い効果が出たのでupしました。
4trackの構成は以下のようです。

  • Solo Contra Bass: reverb:80 chorus:16 pan:116
    :極低音のゴリッとした感じ用(velo.が強すぎるとモコモコする)
  • Hard Bow: reverb:16 chorus:16 pan:120
    :弦の擦れる音と中低音の色付け用
  • Hard Bow: reverb:48 chorus:16 pan:110
    :少し硬めの反響音用(改善の余地あり)
  • HoleString: reverb:120 chorus:16 pan:40
    :"打ち込みreverb"右の発音から左へ響き渡っていくように
    50tickほど遅らせて発音

なぜか中間部のダッダッダッダッがモコモコしているのでまた直します。
副効果として、これもたまたまなんですが、
Bass、Viola、Violinと徐々に重なっていく第3テーマ?部分、
Bassが強くなったせいなのか切迫した感じが出て
tempoが上がったように感じます。
実際にはtempoはいじってないのですが。

更にPerc.でずっと「なんとかなんねぇか」と思ってたCowBellの音色変更。
(WaveNo.0875:Timbale)
こっちのほうがずっと良い。
1st Violin は艶っぽすぎたので少しだけ枯らしてみました。