デスラー襲撃(組曲版) Ver.1.03
2005.10.22.Sat

プレ王一人1ID政策により削除予定の@Terezart作品群のうち、
幾らかは@Iskandalで更新の後公開していきます。これはその一つ。
ずっとQLSO化したかったのですが、
今回のきっかけでようやく手をつけられました。
大幅な音色の手直しから入ったので20日ほどかかったでしょうか。

motifで作っていた時は、trillをpitch bendで再現していましたが、
もうホントに鼻につくぎこちなさでした。
QLSOではきれいなTrillが入っています。

  1. 1st Violins: QLSO F 11Violins Marcato Short
  2. 1st Violins: QLSO F 11Violins Trill Half
  3. 1st Violins: QLSO F 11Violins DXF EXP LEACC VL
  4. 2nd Violins: QLSO F 18Violins EXP LEG ACC MOD
  5. Violas: QLSO F 10Violas Short Marteto Up Down
  6. Cellos: QLSO F 10Cellos DXF SUS ACC VEL

やっぱり苦労しました、Contrabass。
結局、輪郭がハッキリしたClose recordingのものを
EQとQLSO reverbのかけ具合を変えて使いました。
片方はメインの音、もう一つは音に濁りを出すため
3度下でなぞっています。
ゴシゴシ!は今回単純に5度幅一つだけでやってみました。
2track間でのVelocity比率をちょっとずつ変えて
弾くたびに変化が起こる仕組みにしてみました。

  1. Contrabass: QLSO C 9Double bases Quick Up Down
  2. Contrabass: QLSO C 9Double bases Quick Up Down

Motifの木管はやっぱりなかなか使えます。QLSOのものだと、
どうしてもAmbienceが豊富すぎて埋まってしまうのです。
尤も、技術が足りないということではありますが...
Hornでは割れた音と曇った音を
modulationで制御できるprogramを探しました。

  1. Flutes: Motif preset WW Trio の変形
  2. Trumpets: Motif preset Velofalls
  3. Horns: QLSO F 6FrenchHorns SUS X-Fade + Staccart
  4. Trombones: QLSO F 4Trombones Portato SUS XFADE
  5. Trombones: QLSO F 4Trombones Staccart Fast
  6. Tuba: QLSO F Solo Tuba SUS DXF Accent

ドンチャカ物ではTimpanyが案外埋もれます。
EQで音質をいじっています。
CongaなのかBongoなのか、その辺よく分からず再現。
発見だったのはmotifのArabic Mixというセット。
欲しい音がそのままありました。
実はHarpのprogram名の意味がよく分からず使ってます。

  1. Base: Motif preset 3 Sixty Bs を変形
  2. Harp: QLSO F Pluck Roll
  3. Timpany: QLSO F Timpany Hits
  4. Snare: QLSO F Ensemble Small
  5. Latin Perc.: Motif preset Arabic Mix を変形(Pitch,Reverbなど)
  6. Drum: Motif preset Drystandard を変形