未知なる空間を進むヤマト Ver.2.00
2005.12.25.Sun

QLSO XP Pro化第二弾。
初めに言ってしまうと、これまでで一番お気に入りな出来になったと思います。
Motif ESはDrum, Base, Synthesizer, それと装飾でBrassのVelloFallのみ。

Violin族は、もうmemory 2GB × XP Pro DFD(Direct from Disk)技術
の相乗効果でmemory占有率がうんと減って、
バリバリMIDI trackを追加しました。

  1. 1stViolin Quick UD:QLSO XP F 11V Quick up down Marcato
  2. 1stViolin Sustain :QLSO XP F 11V non-von-vibrato X-fade
  3. 1stViolin Trill Hf:QLSO XP F 11V Trill Half
  4. 1stViolin Trill Wh:QLSO XP F 11V Trill Whole
  5. 2ndViolin Marcato :QLSO XP F 18V Marcato short
  6. 2ndViolin Sustain :QLSO XP F 18V non-vibrato Expression fast Xfade
  7. Viola Quick UD:QLSO XP F 10VAS short Marcato up down
  8. Viola Sustain :QLSO XP F 10VAS DXF sustain accent velocity

低音StringsはContrabassにやっと納得のいく組み合わせが見つかり、
今回の作品を大きく変えました。
この発見は「デスラー襲撃」に適用できると思います。

  1. Cello Spiccato :QLSO XP F 10VCS Spiccato RR ×6
  2. Cello Sustain :QLSO XP F 10VCS non-vibrato sustain Xfade
  3. Contrabass Sustain :QLSO XP F 9CBS sustain vibrato Xfade
  4. Contrabass Spiccato2:QLSO XP F SCB Spiccato RR ×6
  5. Contrabass Spiccato3:QLSO XP F SCB Spiccato RR

BrassではTromboneとHornの役割分担をハッキリさせました。
音拾いミスを一番多く発見したのがこの二つのpartです。
Fluteはそのままだと完全に埋もれるので、
QLSO側で+10dbなんてvolumeにして使ってみました。
代わりにちょっとだけoriginalよりreleaseを短くしています。
この原曲CD,Brassが面白い配置になっているように思います。
向かって左にHorn、右にTromboneとTrumpet、
そしてど真ん中にTuba、本当でしょうか?
それと贅沢なんですが、QLSO XP Proとなっても、
やっぱりBrassにもう一押し細かい表現のprogramが欲しいなと思います。
各楽器にSlide、特にTromboneに
長さが自由に変えられるSlideとか出来ないものでしょうか。
今回はおまけ程度にmotifのBrass fallsを使いました。

  1. Flute Staccato:QLSO XP F 3FL staccato ×3
  2. Trumpet Sustain :QLSO XP F 2TP sustain DXF accent velocity
  3. Trumpet Staccato:QLSO XP F 2TP staccato RR ×8
  4. Horn Sustain :QLSO XP F 6FH sustain accent velocity DXF
  5. Horn Staccato:QLSO XP F 6FH staccato short RR ×3
  6. Trombone Sustain :QLSO XP F 4TB sustain accent DXF
  7. Trombone Staccato:QLSO XP F 4TB staccato RR ×3
  8. Tuba Sustain :QLSO XP F STU sustain DXF accent velocity
  9. Tuba Staccato:QLSO XP F STU staccato RR ×3
  10. Brass Falls :Motif ES preset VelloFalls

Percussion、Tambourineは普段のmotif ESではなくQLSOのを使ってみました。
使えますね、表現の種類が多いし。
TimpanyもQLSOです。こちらもQLSOでのvolumeをそうとう上げて使っています。
DrumはれいによってCymbal系、Drum、BassDrumで分けています。

  1. Timpany :QLSO XP F TIMP SFT MLT hits LR
  2. Tambourine :QLSO XP F Tambourine 2
  3. Percussion :Motif ES preset Orchestral Percussion
  4. Cymbal :Motif ES preset Drystandard
  5. Drum :Motif ES preset Drystandard
  6. Bass Drum :Motif ES preset Drystandard
  7. Synthesizer:Motif ES preset Straight
  8. Base :Motif ES preset 3 sixty Bs

Audio track

  • 1stViolin :1--4
  • 2ndViolon :5+6
  • Viola :7+8
  • Cello :9+10
  • ContraBss :11--13
  • Flute :14
  • Trumpet :15+16
  • Horn :17+18
  • Trombone :19+20
  • Tuba :21+22
  • BrassFall :23
  • Timpany :24
  • Tambourine :25
  • Percussion :26
  • Cymbal :27
  • Drum :28
  • BassDrum :29
  • Synthesizer:30
  • Base :31