新コスモタイガー(組曲版) Ver.0.93
2006.08.19.Sat

2年ぶり、後半部のTrumpet入れ忘れをずっと気にしつつもいじれず仕舞いでしたが、 ようやくQLSO XP化しました。

Track数も大幅に増え、マシンの限界に近づいて製作しました。
MIDI Track 36+AUDIO Track 23=総数 59 Track。
Motif時代からは考えられない量です。

  1. 1st Violins Marcato: QLSO XP F 11Violins Marc Short
  2. 1st Violins Sustain: QLSO XP F 11Violins Sustain Nonvibrato X-Fade
  3. 1st Violins W-Trill: QLSO XP F 11Violins Trill W
  4. 2nd Violins Marteto: QLSO XP F 18Violins Marteto Up Down
  5. 2nd Violins Sustain: QLSO XP F 18Violins Nonvib-Expression Fast X-Fade
  6. 2nd Violins W-Trill: QLSO XP F 11Violins Trill W
  7. Violas Sustain: QLSO XP F 10Violas Sustain Nonvibrato Vibrato X-Fade
  8. Violas Marcato: QLSO XP F 10Violas Marcato Short

このような大編成のドンチャカものの曲では
ContraBass自体はなかなか目立たないのですが、
TubaやTimpanyと重ねるととても魅力的な響きができることに気づきました。

  1. Cellos Sustain: QLSO XP F 10Cellos DXF Sustain Vibrato
  2. Cellos Marcato: QLSO XP F 10Cellos Marcato RR
  3. ContraBasses Marteto: QLSO XP F 9DoubleBasses Marteto Up Down
  4. ContraBasses Portato: QLSO XP F 9DoubleBasses Portato

今回はっきりとTrumpetを1st 2ndで分けました。
気づくとどのセクションも2Track使ってました。
StaccartはSustainの頭としても使っています。

  1. 1st Trumpet Staccart: QLSO XP F 4Trumpets Staccart RR×3
  2. 1st Trumpet Sustain : QLSO XP F 4Trumpets Sustain Accent Velocity DXF
  3. 2nd Trumpet Staccart: QLSO XP F 4Trumpets Staccart
  4. 2nd Trumpet Sustain : QLSO XP F 4Trumpets Sustain Accent Velocity DXF
  5. Horn Sustain : QLSO XP F 6Horns Sustain Adventure
  6. Horn Staccart: QLSO XP F 6Horns Staccart Short RR×3
  7. Trombone Marcato : QLSO XP F 4Trombone Marcato S Sustain X-Fade
  8. Trombone Staccart: QLSO XP F 4Trombone Staccart
  9. Tuba Sustain : QLSO XP F Solo Tuba Sustain DXF Accent Velocity
  10. Tuba Staccart: QLSO XP F Solo Tuba Staccart

今回初めてPiccoloを使いました。
Clarinetは終盤の3小節だけ現れますが、
結構効果的になったと思われます。
それもSaccartだけで存在感がありました。

  1. Piccolo Staccart: QLSO XP PiccoloFlutes Staccart
  2. Flutes Staccart: QLSO XP 3Flutes Staccart
  3. Flutes Sustain : QLSO XP 3Flutes Nonvibrato
  4. Clarinet Staccart: QLSO XP 3Clarinets Staccart

今回のリメイクでの最大の発見はHarp Grissandです。
Harpはペダルを踏むことで半音×2段階弦の音をあげらるのですが、
これによって異名同音ができ、
従ってGrissandするだけで和声Grissandができてしまうのでした。
DTMを始めて2年ちょっと。やっと知りました...

  1. Harp: Motif preset Harp
  2. Piano: Motif preset Fullgrand
  3. Glocken: Motif preset Glocken
  4. Marimba: Motif preset Marimba
  5. Base: Motif preset PrecAmped

やはり、この曲はDrumできちっと締めないといけません。
HatとDrumとBassDrumに分け、Hatは賑やか目なEQに、
Drumは思いっきりReverbをかけEQもいじってよりパワフルな感じに、
そしてBassDrumはいつものように高めのThresholdでNoise Gateをかけて
余分な余韻をカットしてきっちり感をだしました。
TimpanyはMIDIレベルではやはり埋もれてしまうので、
QLSO XPのパネルで大き目のdbにして全体のバランスが取ります。
が、Audio Trackにする際は通常のレベルにvolumeを戻して録音して
Mixingの時に改めて最適なvolumeを探します。
また目立たせるため、EQで強調と不必要音域のカットをしました。

  1. Hat: Motif preset Drystandard
  2. Drum: Motif user Drum Drystandardから音色一部変更
  3. BassDrum: Motif preset Drystandard
  4. Latin: Motif preset Cuban
  5. Timpany: QLSO XP F Timpany Roll DXF Modulation Hits

さすがにこれだけの数のAudio Trackは同時に走らせると
Disk Cashをすぐにオーバーするので
monitor用にAudio Trackをpartごとにまとめて
Masteringの際の参考にしました。
もちろん、最終のMixing Downの際は、
直接全Trackを走らせています。

メリハリとVolumeは意味が違うと分かりつつも、
ついついVolumeをあげて録ります。
すると必ず破綻が起こるので嫌いなのですがCompressorをかけてます。
当方が不勉強なせいでCompressorをかけると
音の自然な広がりが潰れてしまうのです。
Volumeがあがるとメリハリはあるけど疲れてしまうので、
EQで疲れそうな音域を少し削りました。

  • 1stViolin :1+2+3
  • 2ndViolon :4+5+6
  • Viola :7+8
  • Cello :9+10
  • ContraBss :11+12
  • 1stTrumpet :13+14
  • 2ndTrumpet :15+16
  • Horn :17+18
  • Trombone :19+20
  • Tuba :20+21
  • Piccolo :23
  • Flute :24+25
  • Clarinet :26
  • Harp :27
  • Piano :28
  • Glocken :29
  • Marimba :30
  • Base :31
  • Hat :32
  • Drum :33
  • BassDrum :34
  • Latin :35
  • Timpany :36