誕生 Ver. 2.00
2018.03.11.Sun

およそ11年ぶりの更新です,敢えてこの日に.
誰かが元気になれば,と思います.

Strings.
全面 Hollywood Strings 化しました.
また,Reverb に Reverence の Bright Viennese Hall (SR) を mix 25 で使い, Maximizer を適用度 18.5% で挟んで埋もれないようにしました.

  1. 1stViolin Non-Vib :HW 1stViolins Sus9 RR 4th pos
  2. 1stViolin Tremolo :HW 1stViolins Tremolo Ni
  3. 1stViolin TrillH :HW 1stViolins Trill HT WT Ni
  4. 1stViolin Marcato :HW 1stViolins Marc Shrt RR4
  5. 2ndViolin Non-Vib :HW 2ndViolins Sus9 RR 4th pos Ni
  6. 2ndViolin Tremolo :HW 2ndViolinTrm
  7. Viola Sus :HW Violas Sus9 RR 4th pos Ni
  8. Viola Tremolo :HW Violas Trem Ni
  9. Viola Marcato :HW Violas Marc Sus 9 RR 4th pos Ni
  10. Cello Sus :HW Celli Sus9 RR 4th pos Ni
  11. Cello Tremolo :HW Celli Trem Ni
  12. Cello Marcato :HW Celli Marc Sus9 RR 4th pos Ni
  13. Contrabass Sus :HW Basses NV VB RR Ni
  14. Contrabass Spicato :HW Basses Spic RR9

Woods.
こちらも全て Hollywood woodwinds.

  1. Piccolo Staccato :HW PF Stc DblTng RR9
  2. Piccolo Sus :HW PF Sus NV VB
  3. Oboe Sus :HW OB Sus Exp Vib
  4. Clarinet Sus :HW CL LegRep RR4

BrassesはQLSOの残響付きサンプルの特徴を逆に生かせるものはQLSO, 他はHWにてという方針で.結果,TromboneのSustainだけがQLSOでした.

  1. Trumpet 1stSus :HW 3TP Sus Accent LT
  2. Trumpet Staccato :HW 3TP Staccato RR9 MOD
  3. Trumpet Mute Sus :HW 3TP Mute Sus Accent
  4. Trumpet 2ndMarcato :HW 2TP Sus Marc L
  5. Trumpet Falls :HW 2TP Fall Short RR
  6. Trumpet Flutter :HW 2TP Flutter Tongue
  7. Horn Sus :HW 2FH Sus Accent LT
  8. Horn Marcato :HW 2FH Marc Shrt DblTng RR4 MOD
  9. Trombone Sus :QLSO 4TB Sus ACC DXF
  10. Trombone Staccart :HW 3TB Staccatissimo DblTng RR
  11. Tuba Marcato:HW Tuba Marc

Chromatic.
今回は Clavinet だけ Motif にて.Piano も Motif じゃないんです.
こちらではQLSOを積極的に多用.Reverb 付きの Sample であることを逆に利用しました. でも一方で Marimba が完全に埋もれてしまいました.

  1. Piano :QLSO F Steinway B
  2. Glocken :QLSO Glock
  3. Marimba :HW Marimba
  4. Clavinet :Motif ES preset Kb:Brite Clav

Guitar系とFX,voice.
当初,更新を決めたとき「誕生」専用の Motif の voice list も(他の過去作品同様)どこかにあるだろうと軽く考えていたら, どこにも残されていないことに気付き,慌てました.
結局このサイトに残された記述を元に Motif にて音を再構築したのです. こうして記録を残しておいて良かったものの,11年前のあの苦労再来かとちょっとビビりました.
DTMの経験をそれなりに積んだおかげで以前よりはスムーズに,意図的に音作りができたかな,と.
念のため,再度今回の作業を記録.


  1. Wind Blow :Motif ES Se:Wind Blows を変形(User Voice 1-1登録)
  2. Lazerzz :Motif ES Me:Lazerzz を変形(User Voice 1-4登録)
  3. Eg FX :Motif ES Gt:Baby を変形(User Voice 1-2登録)
  4. Base :Motif ES preset Ba:GnarlyBs
  5. Voice :Prima on Vocaloid 4
  • Wind Blowはwave の Noize のみを Element とし,そこに
    • Insert Effect A: DST:Comp + Dist
    • Insert Effect B: MSC:3 Band EQ で低音強調
    このパートのみを Audio Track 化してからCubase にて EQ でちょっと低音を強調し, Insert effect で Datube を 60% かけました.
    そして無くすといけないから,Motif User Voice 1の1番目にStore.

  • Lazerzzはピュウゥゥゥ~↓という宇宙音.構成 Element は
    • EL1:RadioNZ
    • EL2:Digi08
    motifのScalingPanの機能を使って左右に振った.
    Motif User Voice 1の4番目にStore.

  • Eg FX は ElecGuiter による効果音.構成 Element は
    • EL1: Gt: OvrDrv Mut
    • EL2: Gt: ViintAmpA
    • EL3: Se: Eg FX02
    • EL4: Gt: Dist/OvrFX
    ここに
    • Insert Effect A: WAH: Vntg A.Wah1,Wah の speed を 14.3Hz
    • Insert Effect B: DST: AmpSimulator で厚み付加
    Motif User Voice 1の2番目にStore.

  • Voice はようやく Vocaloid にて.「無限に広がる大宇宙」で経験した PRIMA を利用.

こちらでもQLSOを積極的に多用.Reverb 付きの Sample であることを逆に利用しました. 特に Snare が上手いことハマってくれました.

  1. Cymbal :QLSO 18 Zildjan Roll DXF MOD
  2. Snares :QLSO XP F 3 Snares
  3. Timpany tight :HW Timpani Hrd Lng
  4. Timpany rolls :HW Timpani Hrd Rolls
  5. Tambrin :Motif ES preset Drystandard
  6. Hat :Motif ES preset Drystandard
  7. Drum :Motif ES preset Drystandard
  8. Bass Drum :Motif ES preset Drystandard