誕生 Ver.0.83
2006.11.23.Thu

エレキFXがおそらく、そしてようやく決定。
答えは簡単なものだった。演奏が複雑なのではなく、Effect一つのことだったようだ。

  • elementの様子
    • wave:EL1-- OverDrive Mute --→ Vintage-amp Wah1 --→ AmpSimulator
    • wave:EL2-- Vintage-amp A --→ Vintage-amp Wah1 --→ AmpSimulator
    • wave:EL3-- Eg FX02 --→ Vintage-amp Wah1 --→ AmpSimulator
    • wave:EL4-- Distorsion/OverDrive FX --→ Vintage-amp Wah1 --→ AmpSimulator

  • ポイントだったのは、Wahのspeedを14.3Hzと速くしたこと。 初め、MIDIで細かい音をバサバサッと鳴らすのかと思っていたが、そういうレベルの音じゃない。 継続音がWahによって激しく揺らされている、そう考えたほうがピッタリくる音だった。 このWahに通した音をさらにAmpSimulatorに通すことで独特の太さがWahに加わる。

  • さらに、Modulation WheelでWahのBottomを上下させるように、 またそのBottomと相反するようにelement1,2のvolumeを上下させられるよう設定。 つまり、modulationの片側ではFX音が強調されるようにWahを強め、 もう片側ではWahを下げるとともにノートが幾らかはっきりするよう音程のある音を強めてみた。 これで中間部と後半部でのエレキFXの響きの違いを表現できた(はずだ)。
さて、長い闘いだったがそろそろ終局か。今度の土日で最終検討しよう。