虚空の邂逅 Ver. 0.19
2017.08.27.Sun

お盆で長い夏休みがとれたよ記念作品.
宮川彬良氏によるヤマト2199での名曲の筆頭に挙げられる作品を
盆休みを利用してちまちま耳スキャンを進めてまいりました.
耳スキャンとしては残すところあと2小節まできたところで
各パートが決定したので現時点での音源をここにまとめておきます.
今回はHollywood Orchestralをメインに作りました.
トラック数は21となりましたが,
それでも音源のRAM読み込みは2GBに達せずまとまりました.
おそらく最終小節のハープのスキャンに時間がかかるだろうし,
例によってマスタリングで失敗しないよう,何日もかかるでしょう.
9月の連休辺りにアップできれば上々かと.
以下QLSO=QuantumLeap Symphonic Orchestra,HW=EW Hollywood Orchestral Gold.

Strings.
すべてHollywood Orchestral Stringsとなりました.

  1. 1st Violins: HW 1st Violins Sus 6 RR KSFP Ni
  2. 1st Violins tremolo: HW 1st Violins Tremolo Ni
  3. 2nd Violins: HW 2nd Violins Sus 6 RR KSFP Ni
  4. Viola: HW Violas Sus 6 RR KSFP Ni
  5. Celi: HW Celi Sus 6 RR KSFP Ni
  6. Basses: HW Basses Leg Slur Slower LT 7
  7. Basses Pizzicato: HW Basses Pizz RR4

木管.
これもすべてHollywood Orchestral Woodwindsとなりました.
耳スキャンを注意深くしてみたところ,
多分後半,Bassoon が隠れていると思うのだけど...

  1. Flute: HW FL KS Sus Short
  2. Oboe: HW OB KS Sus Short
  3. Clarinet: HW CL KS Sus Short
  4. Bassoon: HW BS Sus Exp Vib

金管.
再びすべてHollywood Orchestral Brassesとなりました.
最後に現れるHornの駆け上がりに合うEffectがあるかと探したけど
無かったのでそれに近いEffectで誤魔化しています.

  1. Trumpets: HW 2TP KS Sus
  2. 1st Horn: HW 1FH KS Sus Short
  3. 1st Horn Effects: HW 1FH KS Effects
  4. Horns: HW 2FH Leg Slur

ここだけMotif, QLSOも登場.
TimpaniやCymbalのcrescendo,
必要な長さに調節するのに手間がかかります.

  1. Harp: QLSO Harp Pluck roll
  2. E.Piano: Motif Neo Soul
  3. Base: Motif FingerPBs
  4. Drum: Motif DryStandard
  5. Cymbal: HW 18in Zildjian Sus Cymbal Cres
  6. Timpani: HW Timpani Hrd KS