誕生 Ver.0.88
2006.12.03.Sun

一度投稿後、取り下げてMasteringをやり直し。
ある程度の答えがこのVersionです。
今回Q(HPFやLPF)とEQを多用して不要な音をできるだけ削り、
音圧稼ぎを積極的に行いました。
各Audio Trackで周波数特性を調べ、
なくても本質が変わらないと感じられる帯域をQでカット。
最後の最後、MaterのMixingで少しEQでHighを上げて音質を尖らせています。