メインタイトル~ヤマトに敬礼 Ver.0.11
2008.05.04.Sun

一次耳スキャン終了段階での確定したDataを書いておきます。

Stringsはさらりと。cello と Contrabass は"87kHz強調"をやっています。

  1. 1stViolin Sustain :QLSO XP F 11V Sustain Vibrato DXF Slow
  2. 1stViolin marcato :QLSO XP F 11V Marteto Up Down Marcato
  3. 2ndViolin Lyrical :QLSO XP F 11V Lyrical A
  4. Viola Sustain :QLSO XP F 10VAS Sustain
  5. Cello Sustain :QLSO XP F 10VCS Sustain Vibrato Soft Legart
  6. Contrabass Sustain:QLSO XP F 9CBS Sustain Vibrato Soft Legart

金管はソロ系中心で。
Trombone が耳コピ元に比べると、まだ割れ具合が少ない。
もっとバリバリなんです、本当は。
そこで、Horn と Trombone はQLSOの段階で少しEQをいじっています。
Horn は mute系の音がしていますね。

  1. Trumpet Solo Sustain :QLSO XP F SoloTP Sustain DXF Accent
  2. Horn Solo Sustain :QLSO XP F SoloFH Sustain Accent Modulation
  3. Horn Solo Marcato :QLSO XP F SoloFH Marcato
  4. Trombone Marcato :QLSO XP F 4TB Marcato S Accent
  5. Trombone Sustain :QLSO XP F 4TB Marcato S Sustain X-Fade

ChromaticとPercussion。
冒頭からのSnareは、無機的になるよう心がけながら
アナログの人間が叩いている感じ、と思ったのだけど、
そこまで拘らなくてもいい気がしたので、手抜き。
Tambourine がちょっと違うんだよなぁ...

  1. Piano :Motif ES preset Ap:Full Grand
  2. Tambourine :QLSO XP F Tambourine 2
  3. Snares :Motif ES Preset Dr:DryStandard
Audio trackについては仮Recordingが済んでから。