未知なる空間を進むヤマト Ver.2.00
2005.12.25.Sun

QLSO XP Pro化第二弾。
初めに言ってしまうと、これまでで一番お気に入りな出来になったと思います。
Motif ESはDrum, Base, Synthesizer, それと装飾でBrassのVelloFallのみ。

Violin族は、もうmemory 2GB × XP Pro DFD(Direct from Disk)技術
の相乗効果でmemory占有率がうんと減って、
バリバリMIDI trackを追加しました。

  1. 1stViolin Quick UD:QLSO XP F 11V Quick up down Marcato
  2. 1stViolin Sustain :QLSO XP F 11V non-von-vibrato X-fade
  3. 1stViolin Trill Hf:QLSO XP F 11V Trill Half
  4. 1stViolin Trill Wh:QLSO XP F 11V Trill Whole
  5. 2ndViolin Marcato :QLSO XP F 18V Marcato short
  6. 2ndViolin Sustain :QLSO XP F 18V non-vibrato Expression fast Xfade
  7. Viola Quick UD:QLSO XP F 10VAS short Marcato up down
  8. Viola Sustain :QLSO XP F 10VAS DXF sustain accent velocity

低音StringsはContrabassにやっと納得のいく組み合わせが見つかり、
今回の作品を大きく変えました。
この発見は「デスラー襲撃」に適用できると思います。

  1. Cello Spiccato :QLSO XP F 10VCS Spiccato RR ×6
  2. Cello Sustain :QLSO XP F 10VCS non-vibrato sustain Xfade
  3. Contrabass Sustain :QLSO XP F 9CBS sustain vibrato Xfade
  4. Contrabass Spiccato2:QLSO XP F SCB Spiccato RR ×6
  5. Contrabass Spiccato3:QLSO XP F SCB Spiccato RR

BrassではTromboneとHornの役割分担をハッキリさせました。
音拾いミスを一番多く発見したのがこの二つのpartです。
Fluteはそのままだと完全に埋もれるので、
QLSO側で+10dbなんてvolumeにして使ってみました。
代わりにちょっとだけoriginalよりreleaseを短くしています。
この原曲CD,Brassが面白い配置になっているように思います。
向かって左にHorn、右にTromboneとTrumpet、
そしてど真ん中にTuba、本当でしょうか?
それと贅沢なんですが、QLSO XP Proとなっても、
やっぱりBrassにもう一押し細かい表現のprogramが欲しいなと思います。
各楽器にSlide、特にTromboneに
長さが自由に変えられるSlideとか出来ないものでしょうか。
今回はおまけ程度にmotifのBrass fallsを使いました。

  1. Flute Staccato:QLSO XP F 3FL staccato ×3
  2. Trumpet Sustain :QLSO XP F 2TP sustain DXF accent velocity
  3. Trumpet Staccato:QLSO XP F 2TP staccato RR ×8
  4. Horn Sustain :QLSO XP F 6FH sustain accent velocity DXF
  5. Horn Staccato:QLSO XP F 6FH staccato short RR ×3
  6. Trombone Sustain :QLSO XP F 4TB sustain accent DXF
  7. Trombone Staccato:QLSO XP F 4TB staccato RR ×3
  8. Tuba Sustain :QLSO XP F STU sustain DXF accent velocity
  9. Tuba Staccato:QLSO XP F STU staccato RR ×3
  10. Brass Falls :Motif ES preset VelloFalls

Percussion、Tambourineは普段のmotif ESではなくQLSOのを使ってみました。
使えますね、表現の種類が多いし。
TimpanyもQLSOです。こちらもQLSOでのvolumeをそうとう上げて使っています。
DrumはれいによってCymbal系、Drum、BassDrumで分けています。

  1. Timpany :QLSO XP F TIMP SFT MLT hits LR
  2. Tambourine :QLSO XP F Tambourine 2
  3. Percussion :Motif ES preset Orchestral Percussion
  4. Cymbal :Motif ES preset Drystandard
  5. Drum :Motif ES preset Drystandard
  6. Bass Drum :Motif ES preset Drystandard
  7. Synthesizer:Motif ES preset Straight
  8. Base :Motif ES preset 3 sixty Bs

Audio track

  • 1stViolin :1--4
  • 2ndViolon :5+6
  • Viola :7+8
  • Cello :9+10
  • ContraBss :11--13
  • Flute :14
  • Trumpet :15+16
  • Horn :17+18
  • Trombone :19+20
  • Tuba :21+22
  • BrassFall :23
  • Timpany :24
  • Tambourine :25
  • Percussion :26
  • Cymbal :27
  • Drum :28
  • BassDrum :29
  • Synthesizer:30
  • Base :31

回想 Ver.0.81
2005.12.23.Fri

例によって公開前、駆け込みVer.up。
もう一度Violin Soloを建て直し。
う~ん、とりあえずここまでが今の実力か...
というところまでやったつもりです。
あと、Large StringsのSub partが目立ちすぎたので引っ込めました。
さて、これでどうでしょう...?
Cello音色変更

  1. Cello A : QLSO XP Cello F SVC EXP VIB

回想 Ver.0.80
2005.12.19.Mon

QLSO XP Pro化第1弾。
Soloが充実との触れ込みだったので早速「回想」のViolin Soloに挑戦。
確かに充実していました。念願だったSlide up/downもなかなか使えます。
艶やかなvibrato入りSolo音色もGOLD EDITIONにはなかったものです。
で、結局Solo Violinに6track使いました。贅沢です。

  1. Violin Solo Sus Hard: QLSO Violin F SVL LEG VIB HARD
  2. Violin Solo Legart A: QLSO Violin F SVL LEG VIB
  3. Violin Solo Legart B: QLSO XP Violin F SVL EXP Crescendo
  4. Violin Solo Emotion : QLSO XP Violin F SVL EXP 2
  5. Violin Solo 8SlideUp: QLSO XP Violin F SVL 8VA Slide Up
  6. Violin Solo Slur : QLSO XP Violin F SVL Slur

Qualtet部分は気付くと全てXP Proを使っていました。
4Violinsなんて細かいセットも入ってるんですね。

  1. 2nd Violin: QLSO XP Violin F SVL SUS VIB Hard
  2. Viola : QLSO XP Violin F SVA EXP VIB Soft
  3. 4Violins : QLSO XP 4Violins F 4VL SUS VIB
  4. Cello A : QLSO XP Cello F SVC VIB DXF ACC
  5. Cellos : QLSO XP Cellos F VCS BUTTER LEG FORTE

後半から徐々に登場する大編成のStrings。
XPには70pieceなんていう、ホントに巨大な編成が入っていました。
それだけで映画音楽のような響きです。

  1. 11Violins : QLSO 11Violins F 11V BUTTER LEG FORTE
  2. 18Violins : QLSO 18Violins F 18V SUS VIB SOFT Legato
  3. Contrabass A: QLSO XP 9Double bases F CBS VIB Hard
  4. Contrabass B: QLSO LARGE STRING SEC F 50 PIECE STR SEC LEG
  5. Large Strings : QLSO XP LARGE STRING SEC F 70 PIECE STR LEG
  6. Background Bass: QLSO 9Double bases F CBS SUS VIB

HarpはGlissandの音採りをしなおしましたが、何か違ってるんです...
なお、EffectはこのHarpにReverbをかけたのみで、
他のPartには一切使いませんでした。

  1. Harp:QLSO HARP F HARP PLUCK LONG

Audio track:

  • Violin Solo:1--6
  • 2ndViolin:7+9
  • Viola:8
  • Cellos:10+11
  • Violins:12+13
  • Contrabasses:14+15
  • Large Strings:16+17
  • Harp:18

デスラーのボレロ
2005.12.12.Mon

デスラーのボレロ Ver.0.89
2005.12.12.Mon

プレ王再登録のため、ちょっとリメイク。

ContraBassを2trackに。

  1. ContraBasses A: QLSO F 9DoubleBasses Quick Up Down
  2. ContraBasses B: QLSO F 9DoubleBasses Forte Piano

終盤やや、Ritardandoに。
それと、CelloもしくはViolaの役割のPartで
音拾いミス(不足)を発見。note追加しました。
それと今回ショックだったのは、
QLSOってCUBASEのPAN利いてないって事を
今更ながら知ったこと。
幸い、これまでもPANがいまいちと思って
Combined Pannerを使っていたので、
ひどい不定位感はなかったものの、
やはりpartの分離が不明瞭でダメダメだったのです。
ちゃんとPANで振り分けてるはずなのに
なんでもわ~としていまうんだろうという、
予てからの密かな疑問がやっと解決しました。
これからは、もっと積極的なCombined Panner活用をしていくでしょう。
それともうひとつ。
この作品では、CUBASEのeffectは一切使っていません。
つまり、QLSO原音のままのambienceで十分だということです。