白色彗星 Ver.1.04
2005.11.27.Sun

プレ王にて1Gという広大なスペースが確保できたので、
高音質化も兼ねて音色訂正の後プレ王に投稿。
足鍵盤の音がやっぱり癖がありすぎだったので、再度見直し。
bit rateを256kbpsにして
Pipe organの残響音を緻密に残せるようにしてみた。
reverbは個別のtrackにそれぞれかけた後、
totalでもroom sizeを最大にして薄くかける。
以前に比べ広大な感じが多少は出たかな。

デスラー襲撃(組曲版) Ver.1.04
2005.11.23.Wed

やっぱり何か迫力というか、しまりがないように感じていたので、
おもいっきてPercussionをいじりました。
Bongo/Congaは弱音を少し強調してみたら、
意外といい感じでラテンノリに近づいたかもしれません。
BassDrumは別に 1track 用意して、ハッキリさせました。
それと、ContraBassは結局、Audio trackをコピーして
Reverbの聞き具合、EQのかけ方を変えて
2重にしまして、強調しました。ただ、音割れギリギリ、というより、
もうすでにちょっと割れかかったところでRecordingしています。
本当は、ボリュームを上げることより、音を分離させるほうが良いのですが、
今のところその辺りの技があいまいで、いまひとつ使えていません。
Timpanyの位置を少し変えてStereo Combined Pannerで定位化させてみました。
位置を変えるだけで輪郭が変わり、また左右の音量バランスが調整されて、
クリップノイズ直前で止まるようになりました。
音の足し算引き算。まるでパズルのようです。