Yamato Advancing into the Unknown Space on MIDITrail
2017.03.04.Sat

過去作品MIDITrail化第20弾.
ヤマトよ永遠にから「未知なる空間を進むヤマト」.
試しにEW Hollywoodに音源を変えてみたらハマってしまって
12年ぶりの更新となりました.

未知なる空間を進むヤマト
2017.03.04.Sat

未知なる空間を進むヤマト Ver. 2.30
2017.03.04.Sat

最終更新が2005年12月だったこの作品,昨年晩秋に手に入れたEastWestのHolllywoodたちで作り変えてみました. 何しろCore i7+RAM32GB+SSDなのでリアルタイムでやりたい放題,前回この作品を手がけたときから 大きく環境が進歩した状態でのHollywood初挑戦,というわけです. 最終的に音源のRAM読み込みは1.5GB近くになっていましたが,まだ余裕をもって動いてくれてます.

Hollywood Strings.実はHollywoodシリーズを手に入れてちょっと試聴してみたのだけど, 各パート単独ではそれまで使っていたQLSOにくらべ残響音が入っていないだけ煌びやかさがないなぁ, なんて思っていたのだけど,パートを重ねるにしたがってこのある種「余計な」残響音のないことが功を奏し, 一つ一つの楽器がクッキリしやすくなっていることに気付いて,とても嬉しくなりました. そう,QLSOではパート単独だとそのままでいけそうな響きになるのだけど, パートが重なってくるとこれらが余分に重なり合って輪郭がぼやけてしまうのでした.

  1. 1stViolins Marc Shrt RR×4
  2. 1stViolins Sus 13 DB 4th Pos Ni
  3. 1stViolins Trill HT WT Ni
  4. 2ndViolins Marc short RR×4
  5. 2ndViolins 3 NV NV VB MV RR Ni
  6. Violas Marc Shrt RR×4
  7. Violas Sus 13 UB 4th pos Ni
  8. Celli Spic RR×9
  9. Celli 3 NV NV VB MV RR Ni
  10. Basses Spic RR×9
  11. Basses Marc Shrt RR×4
  12. Basses Marc Sus 8 RR Ni

Hollywood Brasses.Stringsに比べ各楽器の音が大きい. けどよくよく考えてみると,本当はStringsはもっとたくさんのプログラムを重ねて作るべきだろうし, そうなったとき初めて適切な音量になるのに対し,金管族は各楽器が少数で構成されるから, 自然にこのバランスになるのだろうね,と勝手に理解している. というわけで,Stringsとの最適なバランスにするのに少々時間がかかってしまった.

Hollywood Orchestral Woodwinds.本当はもっときちんと耳コピすれば他の木管もあるはずなんだけど, 埋もれて聴こえない(いや聴こえないフリ)のでFluteだけ登場.

  1. 3TP Staccato RR×9
  2. 2TP Sus Marc L
  3. 3TP Rep Fat 170
  4. 2TP Falls Short RR
  5. 2FH Sus Accent
  6. 2FH Staccatissimo RR×9
  7. 3TB Staccatissimo DblTng RR×9
  8. 3TB Sus Accent
  9. 1TB Lng Falls
  10. 1TU StacSs DblTng RR×9
  11. 1TU Sus Marc L
  12. FL2 Leg Slur Accent

Percussion.Hollywoodにはオケものしか入っていないので, いわゆるドンチャカDrumはMotifに頼る.それとシンセとベースもだ. Hollywood Orchestral PercussionsのTimpanyは埋もれるかなぁ,と心配だったけど大丈夫. 他のパートと重ね合わせても何らEQ触る必要なく芯のある響きをしてくれた.

  1. Timpani Fit KS
  2. Black Swamp Tambourine
  3. 14in Paiste Sus Cymbal Cres
  4. Motif ES preset Orchestral Percussion
  5. Motif ES preset Drystandard
  6. Motif ES preset Drystandard
  7. Motif ES preset Drystandard
  8. Motif ES preset Straight
  9. Motif ES preset 3 sixty Bs

未知なる空間を進むヤマト Ver.2.00
2005.12.25.Sun

QLSO XP Pro化第二弾。
初めに言ってしまうと、これまでで一番お気に入りな出来になったと思います。
Motif ESはDrum, Base, Synthesizer, それと装飾でBrassのVelloFallのみ。

Violin族は、もうmemory 2GB × XP Pro DFD(Direct from Disk)技術
の相乗効果でmemory占有率がうんと減って、
バリバリMIDI trackを追加しました。

  1. 1stViolin Quick UD:QLSO XP F 11V Quick up down Marcato
  2. 1stViolin Sustain :QLSO XP F 11V non-von-vibrato X-fade
  3. 1stViolin Trill Hf:QLSO XP F 11V Trill Half
  4. 1stViolin Trill Wh:QLSO XP F 11V Trill Whole
  5. 2ndViolin Marcato :QLSO XP F 18V Marcato short
  6. 2ndViolin Sustain :QLSO XP F 18V non-vibrato Expression fast Xfade
  7. Viola Quick UD:QLSO XP F 10VAS short Marcato up down
  8. Viola Sustain :QLSO XP F 10VAS DXF sustain accent velocity

低音StringsはContrabassにやっと納得のいく組み合わせが見つかり、
今回の作品を大きく変えました。
この発見は「デスラー襲撃」に適用できると思います。

  1. Cello Spiccato :QLSO XP F 10VCS Spiccato RR ×6
  2. Cello Sustain :QLSO XP F 10VCS non-vibrato sustain Xfade
  3. Contrabass Sustain :QLSO XP F 9CBS sustain vibrato Xfade
  4. Contrabass Spiccato2:QLSO XP F SCB Spiccato RR ×6
  5. Contrabass Spiccato3:QLSO XP F SCB Spiccato RR

BrassではTromboneとHornの役割分担をハッキリさせました。
音拾いミスを一番多く発見したのがこの二つのpartです。
Fluteはそのままだと完全に埋もれるので、
QLSO側で+10dbなんてvolumeにして使ってみました。
代わりにちょっとだけoriginalよりreleaseを短くしています。
この原曲CD,Brassが面白い配置になっているように思います。
向かって左にHorn、右にTromboneとTrumpet、
そしてど真ん中にTuba、本当でしょうか?
それと贅沢なんですが、QLSO XP Proとなっても、
やっぱりBrassにもう一押し細かい表現のprogramが欲しいなと思います。
各楽器にSlide、特にTromboneに
長さが自由に変えられるSlideとか出来ないものでしょうか。
今回はおまけ程度にmotifのBrass fallsを使いました。

  1. Flute Staccato:QLSO XP F 3FL staccato ×3
  2. Trumpet Sustain :QLSO XP F 2TP sustain DXF accent velocity
  3. Trumpet Staccato:QLSO XP F 2TP staccato RR ×8
  4. Horn Sustain :QLSO XP F 6FH sustain accent velocity DXF
  5. Horn Staccato:QLSO XP F 6FH staccato short RR ×3
  6. Trombone Sustain :QLSO XP F 4TB sustain accent DXF
  7. Trombone Staccato:QLSO XP F 4TB staccato RR ×3
  8. Tuba Sustain :QLSO XP F STU sustain DXF accent velocity
  9. Tuba Staccato:QLSO XP F STU staccato RR ×3
  10. Brass Falls :Motif ES preset VelloFalls

Percussion、Tambourineは普段のmotif ESではなくQLSOのを使ってみました。
使えますね、表現の種類が多いし。
TimpanyもQLSOです。こちらもQLSOでのvolumeをそうとう上げて使っています。
DrumはれいによってCymbal系、Drum、BassDrumで分けています。

  1. Timpany :QLSO XP F TIMP SFT MLT hits LR
  2. Tambourine :QLSO XP F Tambourine 2
  3. Percussion :Motif ES preset Orchestral Percussion
  4. Cymbal :Motif ES preset Drystandard
  5. Drum :Motif ES preset Drystandard
  6. Bass Drum :Motif ES preset Drystandard
  7. Synthesizer:Motif ES preset Straight
  8. Base :Motif ES preset 3 sixty Bs

Audio track

  • 1stViolin :1--4
  • 2ndViolon :5+6
  • Viola :7+8
  • Cello :9+10
  • ContraBss :11--13
  • Flute :14
  • Trumpet :15+16
  • Horn :17+18
  • Trombone :19+20
  • Tuba :21+22
  • BrassFall :23
  • Timpany :24
  • Tambourine :25
  • Percussion :26
  • Cymbal :27
  • Drum :28
  • BassDrum :29
  • Synthesizer:30
  • Base :31

未知なる空間を進むヤマト Ver.1.30b
2004.09.16.Thu

聴いていただいた方々からの指摘もあり、懸案だった冒頭のstringsをはじめ、
金管、木管、打楽器すべて音色を再構成しました。
出来上がって比較したら、以前の作品の何とショボイこと...
よくこれで皆さん聴いていただけたものだと、夜一人で赤くなってました。
とはいえ、まだまだ原曲の迫力には程遠い。
まぁ、多少は聴けるようになったかなという感じです。
変更点をいくつか。

Tempo:
♪×2 = 172 から 176へ。
更新前のものを聴いていてなんかトロトロしてるなぁと思ってたんですが、
単純に遅かっただけでした。緊迫感が増したと思います。

Strings:
強調したい音色にboostをかけてみました。
ここで各partの特色が出たかもしれません。
Cutoffを高めに設定し鋭さを求めました。
pitchにrandomnessを加えて多数で大勢で弾いている感じを試みましたが...

  • 1st Violin:
    Base Voice = preset 3-SmallSect2 Voice Volume = 120
    CutOff +14, Resonance 0, Attack -11, Release 0
    • Element1 = ViolinVb2, Fine +1, Amp 120, EQ boost6
    • Element2 = ViolinVb2+, Fine -1 Random 3, Amp 120, EQ boost12
    • Element3 = CelloVb2, Fine -1 Random 3, Amp 120, EQ L/H
    • Element4 = HardEnsSt, Fine 0, Amp 127, EQ boost6
  • 2nd Violin:
    Base Voice = preset 3-Hard Ens Voice Volume = 120
    CutOff +12, Resonance +9, Attack -12, Release -1
    • Element1 = HardEnsSt, Fine 0, Amp 127, EQ P.EQ
    • Element2 = HardEnsSt, Fine 0 Random 2, Amp 108, EQ boost6
    • Element3 = HardEnsSt, Fine 0 Random 3, Amp 107, EQ L/H
    • Element4 = off
  • Viola:
    Base Voice = preset 3-HardEns Voice Volume = 120
    CutOff +12, Resonance +9, Attack -12, Release -1
    • Element1 = HardEnsSt, Fine 0, Amp 127, EQ P.EQ
    • Element2 = HardEnsSt, Fine 0 Random 1, Amp 108, EQ boost6
    • Element3 = HardEnsSt, Fine 0 Random 2, Amp 107, EQ P.EQ
    • Element4 = ViolaVb2, Fine 0, Amp 120, EQ boost6
  • Contra bass:
    Base Voice = preset 3-HopHead Voice Volume = 100
    CutOff +13, Resonance +8, Attack -11, Release +2
    • Element1 = HardEnsSt, Fine 0, Amp 127, EQ L/H
    • Element2 = EnsMuteSt, Fine +1, Amp 94, EQ L/H
    • Element3 = CelloVb, Fine 0, Amp 120, EQ boost6
    • Element4 = ViolaVb2, Fine 0, Amp 120, EQ boost6
  • Contra bass+:
    Base Voice = preset 3-HardEns Voice Volume = 115
    CutOff +14, Resonance 0, Attack -11, Release 0
    • Element1 = HardEnsSt, Fine 0, Amp 127, EQ P.EQ
    • Element2 = HardEnsSt, Fine 0, Amp 108, EQ boost6
    • Element3 = off
    • Element4 = off

Flute: PresetではElement4がoffだったので、
ここに強く吹いたときに裏返るような音色を今回加えてみました。
"ジャカジャカジャンジャン!"のあとの"ピョロロピョロロ"が
生きてきたと思います。

  • Flute:
    Base Voice = preset 2-WW Trio Voice Volume = 120
    CutOff 0, Resonance 0, Attack 0, Release 0
    • Element1 = OboeVb, Fine +2, Amp 94, EQ L/H
    • Element2 = EngHorn1, Fine -2, Amp 127, EQ L/H
    • Element3 = FluteVb, Fine 0, Amp 127, EQ L/H
    • Element4 = FluteVbAtk, Fine 0, Amp 120,EQ boost6

Brass:
今回最大の発見。
何となく金管にもboostをかけたら、何と金管特有のバリバリが!
いやぁ、愉快愉快!TubaのboostはElement1がVelocityLimit1-104、
Elemnt2がVelocityLimit105-127なので弱い音でバリバリ、
強い音であまりバリバリいわない"逆boost"状態です(偶然)。

  • Tuba:
    Base Voice = preset 2-SymphoBrs Voice Volume = 127
    CutOff +26, Resonance +10, Attack -7, Release +1
    • Element1 = BrsSctSt+, Fine 0, Amp 127, EQ boost12
    • Element2 = Trombone, Fine +2, Amp 127, EQ boost6
    • Element3 = Trombone2, Fine -1, Amp 127, EQ L/H
    • Element4 = BrsSctSt, Fine +1, Amp 120,EQ L/H
  • Horn:
    Base Voice = preset 2-HornSect Voice Volume = 113
    CutOff 0, Resonance 0, Attack 0, Release 0
    • Element1 = FrncHrn St, Fine 0, Amp 120, EQ L/H
    • Element2 = FrncHrn St, Fine 0, Amp 127, EQ L/H
    • Element3 = FrncHrn St, Fine 0, Amp 127, EQ L/H
    • Element4 = off
  • Trombone:
    Base Voice = preset 2-Big&Bright Voice Volume = 85
    CutOff +16, Resonance +8, Attack -4, Release +1
    • Element1 = Tronbone2, Fine -1 Rondom 2, Amp 127, EQ boost12
    • Element2 = Trombone, Fine +1, Amp 127, EQ L/H
    • Element3 = Trumpet1, Fine +2, Amp 127, EQ L/H
    • Element4 = BrsSctSt, Fine 0, Amp 120,EQ boost6
  • SubTrumpet:
    Base Voice = preset 2-Big&Bright Voice Volume = 70
    CutOff +46, Resonance +16, Attack -10, Release +0
    • Element1 = Trombone, Fine 0, Amp 127, EQ L/H
    • Element2 = TrumpetMute, Fine +1, Amp 110, EQ L/H
    • Element3 = Trumpet1, Fine +2, Amp 127, EQ boost6
    • Element4 = BrsSctSt, Fine 0, Amp 127,EQ L/H
  • Trumpet:
    Base Voice = preset 2-Big&Bright Voice Volume = 73
    CutOff +46, Resonance +16, Attack -8, Release +2
    • Element1 = Tru,pet2H, Fine -1, Amp 127, EQ L/H
    • Element2 = Trumpet1, Fine +1 Random 2, Amp 122, EQ boost12
    • Element3 = Trumpet2M, Fine +2, Amp 127, EQ L/H
    • Element4 = BrsSctSt+, Fine 0, Amp 127,EQ boost12

未知なる空間を進むヤマト Ver.1.21a
2004.06.11.Fri

どうしても一箇所 pitch bend が気になるので直しました。
多分これでずれていないはずです。
また、少し強めにpeak compressor をかけることで音圧を稼いでいます。

未知なる空間を進むヤマト Ver.1.20a
2004.06.06.Sun

「未知なる...」の耳コピ元を聴きなおしていて、
自分の作ったものがどうもイントロのStringsに
メリハリがないのが気になってきて
Violin, Viola, Contra Bass の音色を変更しました。
Violin は Violin Ens.+ Hard Ens.だったのを
イントロの重厚な部分を今回初めて使うHop Headという頭のはっきりしたものに、
Contra Bassも Strings Part(USR)+Special Line に。
始めはイントロのみでなく全て通して Hop Head にしていたのですが、
今度は中間のつやのあるグリッサンドが埋もれてしまったので、
イントロ部だけ Hop Head にして、途中で Program Change しています。
処理速度ギリギリの場所で変更しているので少しヒヤヒヤしました。

未知なる空間を進むヤマト Ver.1.10a
2004.05.18.Tue

音割れがひどかったのでまず直し、
ついでに気になっていた Pitch Bendによる音のずれを直しました。

未知なる空間を進むヤマト Ver.1.00a
2004.05.05.Wed

連休中に何か一曲という目標で始め、
これまでの最短4日でプレイヤーズ王国投稿まで漕ぎついた作品です。
up tempoな曲なのでついつい勢いで
気が付いたら出来上がっていたという感じです。

いやぁ、この曲もカッコイイ!
暗黒星団帝国の母星に向かう途中、
敵の補給基地をたたくシーンで使われています。
正直、「ヤマトよ永遠に」はあまり印象がなく
音楽も少し前衛的になってきたと思っていましたが、
CDを聴き直す中、この曲はピンときました。(宮川先生、ゴメンナサイ...)

この曲の耳コピはかなり勉強になりました。
代表的なヤマトハーモニーが随所にあり、
発見や納得が多くありました。
楽器編成は「デスラー襲撃」と近く、
れいによってContra Bassはできるだけ厚くしました。
今回、金管が活躍していてこちらのハーモニーの勉強にもなりました。
ただ、どの音がどの楽器なのかどうも分かりかねるところもあり
(かつて吹奏楽やっていたのに恥ずかしい...)、
当り障りのない音色を選びました。
「襲撃」にも使いいましたが、
Velofallを元の金管音色の上にそっと重ねて
一番最後に使っています。
元の音色にもpitch bend をあわせてかけています。
いつもはストリングスで遊んでいますが、
こうしてやってみると金管もなかなかはまるかもしれません。

相変わらずDrumは下手くそ。
この辺は一度ちゃんと勉強して再度エディットしなくてはいけない。