Farewell on MIDITrail
2016.11.05.Sat

過去作品MIDITrail化第17弾.
今度は一月待たずUPです.
「新たなる旅立ち」から「別離」をアップしました.
これもQLSOをPlay Editionに変更して,
少々MIDIレベルの編集を行ったので,耳コピバージョンが上がっています.

このテーマは「新たなる旅立ち」全編において
繰り返し流れていました.

別離 Ver.0.40
2016.10.30.Sun

7年ぶり,MIDITrail化に伴いMIDIレベルでQLSOの再設定を行い,
またHALionはStringsの種類が削減されたので全てQLSOに変更しました.

Strings.
QLSO Play Editionに変わってから
Legato奏法などのスイッチに気付いて
これを利用しない手はない,と使っています.
ただ,重音には対応していないので
必要に応じてon/offを忘れずに.
MIDI control番号はcc68で127がon,0がoff.
なお,オレンジが今回の変更箇所.

  1. Violin Solo :QLSO SVL KeySwitch C0-B0
  2. 1stViolin Small :QLSO 4VL Sustain Vibrato DXF
  3. 1stViolin Sustain :QLSO 11V Accent Sustain modulation
  4. 1stViolin Tremolo :QLSO 11V tremolo
  5. 1stViolin Trill W :QLSO 11V Trill Whole
  6. 1stViolin Trill H :QLSO 11V Trill Harf
  7. 1stViolin Express :QLSO 18V Lyrical-Legato
  8. 2ndViolin Emotion :QLSO 18V Emotion DXF Accent velocity
  9. 2ndViolin tremolo :QLSO 11V Tremolo F
  10. Viola(H) Emotion :QLSO 10VAS Emotion DXF Accent Velocity
  11. Viola(L) Butter :QLSO 10VAS Butter legato
  12. Viola Tremolo :QLSO 10VAS Sul Pont tremolo DXF
  13. Cello Small :QLSO 3VCS Sustain vibrato DXF
  14. Cello Sustain :QLSO VSC Lyrical-legato
  15. Cello Pizz :QLSO 10VCS Pizzicato New
  16. Contrabass Emotion:QLSO 9CBS Emotion DXF Accent velocity
  17. Contrabass Pizz :QLSO SCB Pizzicato

木管.
ここは全くいじっていない.

  1. Oboe Solo :QLSO SOB Sustain Accent modulation
  2. Flute Solo :QLSO SFL Vibrato DXF

金管.
もう少しだけ抑えて,気になる響きを目立たなく.

  1. Trumpet Sustain :QLSO STP Port
  2. Horn Sustain :QLSO 6FH Sus Mellow

GuitarとかPercussion.
ここはMotifのまま.

  1. Guitar :Motif ES8 Gt:SimpleSteel
  2. Base :Motif ES8 Ba:RoundWound
  3. Bell :Motif ES8 Cp:Maribell2
  4. Cymbal :Motif ES8 Dr:DryStandard
なお,当時に比べRAMが16GBかつSSDなので,
全トラックを完全に一発でAudioにできるようになり,
作業効率が格段に上がっています.
その分,編集に集中できています.

MIDITrail化はおそらく来週にも.

別離
2016.10.30.Sun

別離 Ver.0.33
2009.03.21.Sat

新規投稿後にやはりちょっとcompressorをかけておこうと思い、訂正。
VSTDynamicsをかけてLV-0.5で全trackをmix down。
そのAudio trackを+3.0db Gain up。
最後の操作、やりすぎかなぁ。空間を崩すかも...




別離 Ver.0.32
2009.03.15.Sun

二次耳スキャンまで確定したのでDataを書いておきます。

Strings。
HSEを混ぜている以外、当初いつもと代わり映えしない組み方でしたが、
どうも機械的に聴こえて仕方なかく、RAMとも相談しながらあれこれ試行錯誤の末、
violinとcelloに本数が少ないprogramを重ねました。

前半のデリケートな部分で4violinsを目立たせて生っぽさをいくらか出せないか、
また中間のcelloがメロディーを奏でる部分、
やはり3cellosで艶っぽさを出せないかと試みてます。

宮川先生のゴージャスstrings。これがやりたくてこの作品に手掛けたのですが、
いかがでしょうか?

あ、後半のviolin solo、許してください...

  1. Violin Solo :QLSO XP F SVL KeySwitch C0-B0
  2. 1stViolin Small :QLSO XP F 4VL Sustain Vibrato DXF
  3. 1stViolin Sustain :QLSO XP F 11V Accent Sustain modulation
  4. 1stViolin Tremolo :QLSO XP F 11V Sustain pont tremolo DXF
  5. 1stViolin Trill W :QLSO XP F 11V Trill Whole
  6. 1stViolin Trill H :QLSO XP F 11V Trill Harf
  7. 1stViolin Express :HSE 2 Vln I A espressivo VelPB
  8. 2ndViolin Emotion :QLSO XP F 18V Emotion DXF Accent velocity
  9. 2ndViolin tremolo :QLSO XP F 11V Tremolo F
  10. Viola(H) Emotion :QLSO XP F 10VAS Emotion DXF Accent Velocity
  11. Viola(L) Butter :QLSO XP F 10VAS Butter legato
  12. Viola Tremolo :QLSO XP F 10VAS Sul Pont tremolo DXF
  13. Cello Small :QLSO XP F 3VCS Sustain vibrato DXF
  14. Cello Sustain :HSE 2 Vlc A legato XFade
  15. Cello Pizz :QLSO XP F 10VCS Pizzicato New
  16. Contrabass Emotion:QLSO XP F 9CBS Emotion DXF Accent velocity
  17. Contrabass Pizz :QLSO XP F SCB Pizzicato

木管。
冒頭だけ。ただ表情付けに結構試行錯誤。
OboeとFluteの語り合いに、いかなる情景を籠めるか。

少しだけ私自身の今の気持ちも付け加えて。

  1. Oboe Solo :QLSO XP F SOB Sustain Accent modulation
  2. Flute Solo :QLSO XP F SFL Vibrato DXF

ちらり、うっすらと金管。
いや、本当に邪魔にならない程度にTrumpetとHorn。

でも、どう聴き返しても耳コピ元、調子外れてるよなぁ...

  1. Trumpet Sustain :QLSO XP F STP Port
  2. Horn Sustain :Motif ES8 Br:French Horn Section

GuitarとかPercussion。
最後のBell、耳コピ元とは音色が違うのだけど、 何となく音が座った気もするのでこのまま。

なんか良く分からないけど、BaseでContrabassをサポート。 これでいいのかなぁ?

Guitarはそのままでは埋もれるのでBrightnessをうんとあげて 存在感を出してみました。

  1. Guitar :Motif ES8 Gt:SimpleSteel--Brightnessを大幅up
  2. Base :Motif ES8 Ba:RoundWound
  3. Bell :Motif ES8 Cp:Maribell2
  4. Cymbal :Motif ES8 Dr:DryStandard

MixingとMastering。
Stringsの初めはデリケートに表現したく、4Violinsを前面に。 途中から11Violinsで厚みを出してます。なのでAudioレベルでもvolumeを動かしてます。
そうだ、Oboeもその音の特性から埋もれがちなのでAudioにしてから+5ほどGainしてます。

Audio tracks:
  1. Solo Violin: 1
  2. 1stViolins Small+Tremolo,Trill: 2+4+5+6
  3. 1stViolins: 3
  4. 1stViolins HSE: 7
  5. 2ndViolins: 8+9
  6. Violas(High): 10+12
  7. Violas(Low): 11
  8. Cellos: 13+15
  9. Cellos HSE: 14
  10. Contra Bass: 16+17
  11. Oboe: 18
  12. Flute: 19
  13. Trumpets 1st: 20
  14. Horns: 21
  15. Guitar: 22
  16. Base: 23
  17. Bell: 24
  18. Cymbal: 25

統計は以下。