Main Title on MIDITrail
2016.05.04.Wed

過去作品MIDITrail化第12弾.
久しぶりにUPです.
「新たなる旅立ち」から「メインタイトル~ヤマトに敬礼」をアップしました.
なんだかいつも編集に使っていたMSのMoiveMakerがWMVすら読み込んでくれなくなったので. 3月末に激安で買ったSonyVegas Pro 13.0 で編集した.
なんだか画面サイズやら何だか前と変わってしまって,ちょっと慣れないぞ.

メインタイトル~ヤマトに敬礼
2008.05.06.Tue

メインタイトル~ヤマトに敬礼 Ver.0.23
2008.05.06.Tue

なかなかTromboneがココゾという感じで決まらないのだけど、 さしあたり連休中の成果として Ver. 0.23 をMySoundに投稿しました。

違うんだよなぁ...Tromboneが...(←妥協)

メインタイトル~ヤマトに敬礼 Ver.0.21
2008.05.05.Mon

Mastering中に、midiレベルでの変更まで何度か遡りました。
で、Trumpetは冒頭の軽さのために1 track、Tromboneでは
最後のバリバリ音の表現に1oct下をなぞるように分厚いSustain programを追加しました。
耳コピ元も、本当にユニゾンになってるのかなぁ...
Tambourine、QLSOだとどうも響きすぎなので、
motif preset DryStandardにあるTambourineに変更。
こちらのほうが引き締まってずっと良くなりました。
これで16 midi track になりました。

  1. Trumpet Marcato :QLSO XP F 2TP Marcato
  2. Trombone Bright :QLSO XP F 4TB Sustain DXF
  3. Tambourine :Motif ES Preset Dr:DryStandard

Audio trackは何も工夫はしていないので、今回詳細は省略。
ただ、今回初めて maximizer を使ってみました(optimize=50)。
やりすぎるとうるさいだけになります。
Trombone の最後のバリバリと相談しながら、音量のpart間のゼロサムゲームに
しばらく時間を費やしました。ReverbではCPU負荷との闘いで苦労しました。
Cubase 4 のRoomWorksは今更ながら重いのです。
そこで、Cubase 2時代のVST PluginにあったReverbを引っ張り出してきて
とりあえずリアルタイムで各PartのReverbの利かせ具合を確認しておいて、
mix down時にRoomWorksに変更しています。でも、mix downし終わって聴きなおすと、
なかなか思ったかかり具合にならず、何度もRecordingしなおしています。
そろそろ、dualかquad CPUにするべきかなぁ...
(Cubaseもdualやquadに対応して確かにパフォーマンス上がっているそうだから...)

統計は以下。



メインタイトル~ヤマトに敬礼 Ver.0.11
2008.05.04.Sun

一次耳スキャン終了段階での確定したDataを書いておきます。

Stringsはさらりと。cello と Contrabass は"87kHz強調"をやっています。

  1. 1stViolin Sustain :QLSO XP F 11V Sustain Vibrato DXF Slow
  2. 1stViolin marcato :QLSO XP F 11V Marteto Up Down Marcato
  3. 2ndViolin Lyrical :QLSO XP F 11V Lyrical A
  4. Viola Sustain :QLSO XP F 10VAS Sustain
  5. Cello Sustain :QLSO XP F 10VCS Sustain Vibrato Soft Legart
  6. Contrabass Sustain:QLSO XP F 9CBS Sustain Vibrato Soft Legart

金管はソロ系中心で。
Trombone が耳コピ元に比べると、まだ割れ具合が少ない。
もっとバリバリなんです、本当は。
そこで、Horn と Trombone はQLSOの段階で少しEQをいじっています。
Horn は mute系の音がしていますね。

  1. Trumpet Solo Sustain :QLSO XP F SoloTP Sustain DXF Accent
  2. Horn Solo Sustain :QLSO XP F SoloFH Sustain Accent Modulation
  3. Horn Solo Marcato :QLSO XP F SoloFH Marcato
  4. Trombone Marcato :QLSO XP F 4TB Marcato S Accent
  5. Trombone Sustain :QLSO XP F 4TB Marcato S Sustain X-Fade

ChromaticとPercussion。
冒頭からのSnareは、無機的になるよう心がけながら
アナログの人間が叩いている感じ、と思ったのだけど、
そこまで拘らなくてもいい気がしたので、手抜き。
Tambourine がちょっと違うんだよなぁ...

  1. Piano :Motif ES preset Ap:Full Grand
  2. Tambourine :QLSO XP F Tambourine 2
  3. Snares :Motif ES Preset Dr:DryStandard
Audio trackについては仮Recordingが済んでから。