FC2ブログ

Second lieutenant Alphon on MIDITrail
2017.02.04.Sat

過去作品MIDITrail化第19弾.
ヤマトよ永遠にから「アルフォン少尉」.
どうも「少尉」を英語にすると長たらしくて締まりがない.
何か適当な略語が無いかとおもうのだけど.

弦楽器のみによる作品で,
バイオリンソロのポルタメント表現に
ちょっと慣れてきた頃の作品です.
この時はHALion Strings Editionも健在だった.
小さな作品で誰も振りかえらないけど,
良い作品だと思うんです,宮川先生!

アルフォン少尉
2007.04.29.Sun

アルフォン少尉 Ver.0.25
2007.04.29.Sun

EQと音圧調整。できるだけQLSO XPの元の音のまま鳴らしたいわけですが、
Contrabassesの低域をやや強めにカット、Violinsの高域を僅かにカット。
またContrabassesだけVST Dynamics compressorで飛び出しを少し抑え
全体の音圧を稼いだ後、思い切って全体にcompressorをかけつつ出力レベルを+4.0db、
さらに最終recordingでのBUSへの出力も+4.0dbとしました。
それでもclip noiseや音質の歪み(いや、実はちょっとContrabassは歪んでる...)が
目立たないので、これを最終投稿版とします。



アルフォン少尉 Ver.0.22
2007.04.28.Sat

一次耳スキャン終了段階での確定したDataを書いておきます。

全編Stringsのみ。
Solo part 1st Violinのportament、やはりDTMでは限度があるのでしょうか。
おちゃらけ程度にしか表現できません。
そして今回初めてQLSOとHALion String Edition 2の共演となりました。
QLSO XPに欲しいSolo Contrabassが無かったからだけなんですが。
ただ、CubaseとHSE2が同じSteinberg製にもかかわらず
VSTiとして働いてくれないのでRewire接続で鳴らしています。

  1. 1stViolinSolo Sus :QLSO XP F SVL KeySwitch Sustain C0-B0
  2. 1stViolinSolo 5up :QLSO XP F SVL 5th Slide up
  3. 1stViolinSolo 8up :QLSO XP F SLV 8va Slide up
  4. 2ndViolinSolo Sus :QLSO XP F 4VL Sustain Vibrato DXF

  5. 1stViolins Emotion:QLSO XP F 11VL Emotion DXF 1
  6. 1stViolins Pizz :QLSO XP F 18VL Pizzicato
  7. 2ndViolins Sus :QLSO XP F 18VL Expression Fast DXF

  8. ViolaSolo Sus :QLSO XP F SVA Expression 2
  9. Violas Sus :QLSO XP F 10VAS DXF Sustain Accent Velocity

  10. CelloSolo High :QLSO XP F SVC Non Vibrato DXF Accent
  11. CelloSolo Low :QLSO XP F SVC Vibrato DXF Accent
  12. Cellos Sus :QLSO XP F 10VCS Non Vibrato-Sustain XFD

  13. ContrabassSolo Sus:HSE2 DB solo cres-decres XSwitch
  14. Contrabasses Sus :QLSO XP F 9CBS DXF SUstain
  15. Contrabasses Pizz :QLSO XP F 9CBS Pissicato